裸婦の目触れろ、白蝮踏め

安酒と薬にどっぷり漬かってラリりながら書いてるオナニー文章です

顔出し系youtuberの完全崩壊的ニヒリズム

あたしはかわいい女の子
ぬいぐるみと一緒に住んでる

あたしはリッチな女の子
トリートメントは欠かさないの

あたしは多才な女の子
おばあちゃんにお料理を作るのが趣味

ピンクのワンピ 赤い細リボン
暗い焦げ茶のおでこ靴
くるくる回ると浮かぶロングヘアー
たまにみつあみ 悪くないわね


あたしは真面目な女の子
漢検だって2級持ってる

あたしはロックな女の子
ギブソンレスポールを提げて

マイクの前に立って歌うの
あたしと君とのはつこいのうた


あたしは異常な女の子
イヤホンで聴くのはモールス信号

あたしはとってもかわいそう
手首の筋が物語ってるでしょ

あたしは あたしは あたしも あたしで
たった一人のライブハウス
悲しげな声響くスタジオ
伸びない閲覧 意地悪コメ欄
16対2の低評価


待ち合わせのおっさんとホテル
1万5千円で売った人生の2時間
それでもあたし 汚くないわ
だって女の子なんだもの
ちゃんとお化粧 してるんだもの

貰ったばかりのお金で書店
一番奥の赤本コーナー
あたしも大学に行きたかった
自己啓発本 バッグに万引き
こんなものに金積む価値はないでしょ

0時になったらサイレース
効くまでウエスト測って待つの
今日は56cm 昨日より少し痩せたみたい

ケーキもプリンも我慢して
お菓子もスルメに変えたから
みんなに見てもらうため
みんなに愛してもらうため

だから、だから
あたしを見てよ……

MUTEKI

ちょっと心が病みそうなときは大森靖子MUTEKIを順番に再生して耐える。

1曲目、「流星ヘブン」。
可愛らしいピアノのメロディで始まる。元彼が「りゅうせい」という名前だったので彼と付き合っているときは好んで聞いていた。
一番の伴奏にも負けてしまうような消え入る歌声とサビ入りの叫びが印象的を通り越して屈辱的だった。

「消えてしまう前の私に一瞬でもいい追い付いて」
「死ぬことが人生において唯一の結果なのだから」

夜中の住宅街で叫びながら、しゃがみこみながらめちゃくちゃな音程で歌いたい曲No.1。
この曲に正しい音程なんて設定されていないと思う。心の揺れるままに、動きに沿って震えた空気の擦れる音を、自由に繋げてできた曲。

2曲目「みっくちゅじゅーちゅ
まずMVが最強。黒宮れいの正しい使い方と用法を分かっているのは大森靖子だけ。
「買ったけど着たことないビキニがあるからお風呂入ろ」
「追い焚きでしばらく熱々のままでいよう」
の少女たち全員が共感できる歌詞センス。実際には新しい水着なんて持ってなくても、なぜかドキッと言い当てられた気分になってしまう。

誰か僕とおいしい思い、しませんか

3曲目、愛してる.com
控えめなメロディーラインとかわいく見えて実は触ったら痛い歌詞。
「思い出だけきれいなんて大人のやることよ 腐らないで」
電車で乗り合わせた女子高校生がイヤホンで聞いて指でリズムをとっているのがこの曲だったらかわいい。

4曲目「SHINPIN」
「ああ、馬鹿 馬鹿になれ あの子が好きなら馬鹿になれ 東京来たなら馬鹿になれ 生きているなら馬鹿になれ」
ひとり新宿を歩くときに聞いてやろうと思っていた曲のうちの1曲。
東京の汚れや垢を新品の身体で拭き取っていく気分で。

5曲目「新宿」
ひとり新宿を歩くときに聞いてやろうと思っていた曲のうちの1曲。
元彼と初めて出会ったのが新宿だったのと、そいつがいい大学出身だったのでこの曲はぼくのために作られたんじゃないかと誤解するほどだった。
東京に生まれなかったことを後悔し、感謝した。
「あの町を歩く才能がなかったから あたし、新宿が好き 汚れてもいいの」

6曲目「TOKYO BLACK HOLE」
自殺未遂で命と引き換えに失った歌声で小さく口ずさみながらベッドで丸まって布団を被る。
靖子ちゃんの泣きそうな歌声に引き込まれて、とことんまでに暗い気分にさせてくれる。
「地獄、地獄 見晴らしのいい地獄」

7曲目「焼肉デート」
入院中いちばん聴いたと言っても過言ではない曲。聞いてたらキチガイになれる感じがする(褒めてる)
大好きだったのにどうにもなれなかった推し看とぼくの関係性を重ね合わせて
「嫌いな食べ物教えといたじゃん 全然覚えてくれてないなんて いつか死ぬとき一緒じゃなくていいって証拠じゃん」の歌詞で何度も大泣きした。
でもメロディーが軽快なので泣き笑いで大声で歌いたい。それだけ。

8曲目「生kill the time 14 you、、♥️」
あんま聴いてないからわからん

9曲目「子供じゃないもん17」
17歳でこの曲に出会っていて本当によかった。推し看が夜勤で学校に見送ってくれる日なんて、推し看と何回も重ねて病院から学校に向かうまでの道中でスキップしながら声に出さず口ずさみながら聴いていた。
「困ってる顔が大好き、大好き、大好き大好き大好き……傷ついてよ」
ぼくも同じ気持ちだった。本当の気持ち知って困ってほしかった。
それだけで、満足だったんだ。

曲流しながら終わるまでにリアタイで書いてるので疲れちゃいました。絶対彼女以降はいつかまた書きます。病んでるときに聞くのはやっぱ大森靖子に限りますね。夜誰もいないド田舎の住宅街で独りでMVごっこしながら帰るのが趣味です。

初恋イエローカード

もうFF内にもLINEにも年賀状の住所録にもいないから見られてないと信じて。
ぼくの初恋の話。
小3の時にはじめて同じクラスになった。それから小4、小6でも同じクラスだったKくん。はじめて席が隣になってから、よく一緒に帰るようになった。うちの小学校では自宅のある地区ごとに帽子のリボンの色が分かれていて、Kくんもぼくも「黄色」だった。けれど本当は校門を出て一本目の分かれ道でぼくはまっすぐ国道沿い、Kくんは右に曲がって山側へバイバイになるはずで、分かれ道で先生が見張ってる日は一緒に帰れなかった。先生が見てない日だけ、ぼくは少し遠回りして山側に登った。
Kくんは近くの山を切り取った地区に住んでいて、その地区の入り口には集会所があった。その向かいのフェンスでよく暗くなるギリギリまで話してた。
その頃好きだったアニメの話、Kくんがニコ動で見て勧めてくれた神聖かまってちゃんの話、先生の悪口、あとはなんだったかな。ピラメキーノの話もした。
小3から中1くらいまで?の4年間は、年賀状とバレンタイン・ホワイトデーは交換してて、小5のバレンタインは雪が積もってるなか自転車でチョコレート配った。もちろん最初に行ったのはKくんの家。
不思議なことに隣の席や同じ班になることが多くて、折り紙の裏に落書きしては交換しあって笑ってた。
ある年のバレンタイン前、ぼくはとある本で面白い事を知った。
重曹の水溶液で白い紙に文字を書くと、お湯に浸けなければ読めない暗号ができることを。
ぼくは「いつも仲良くしてくれてありがとう」なんて通りいっぺんの手紙と一緒に、1枚重曹でメッセージを書いて封をした。内容はもちろん、「スキ」。
やってしまってから羞恥心で後悔して、メッセージを読みたくて何度も解読方法を聞いてくるKくんをとことんまでにはぐらかした。

そしてぼくたちは卒業し、中学生になった。
中学では確か一度も同じクラスになることはなくて、Kくん自身も他に交遊関係ができたので一緒に帰ることもほとんどなくなった。
それでも見かけたときは声をかけてくれて、体育大会の応援旗にデザインが採用されたときは褒めてくれたし、剣道部の練習シフトが職員室前の小グラウンドで帰宅部だったKくんの下校時刻とかち合うと、笑って手を振ってくれた。
ぼくはその時まだ高校生になって自殺未遂で喉を潰すなんて思ってもいなかったから、「声優になりたい」とずっと言っていた。図書委員の月別目標を発表する委員長のぼくは舞台に立ってマイクを持つ度そのアニメ系声に全校生徒がざわめいて笑われたけれど、Kくんは「今回もよかったよ」と褒めてくれた数少ない生徒のうちの一人だった。

あるとき、放課後LINEでやりとりをしているとき突然「気づかへんの?」とメッセージがきた。
ぼくが「なにが?」と聞き返すと、「好きなんやけど。てゆーかお前かわいすぎんねん」と返ってきた。
もちろんぼくは嬉しくて仕方がなかったが、何故か、本当に何故か羞恥心が勝ってしまい、その告白を断ってしまった。

そしてぼくたちはどうにもならないまま中学も卒業して、別々の進路に進んだ。
Kくんは自転車で15分の私立高校を専願し、ぼくは地元1番の公立進学校を落ちて電車で1時間かかる市内のキリスト教系私立高校に進学した。

高校に進むにあたってぼくはLINEのアカウントを作り直し、同時期にKくんもアカウントを消していたらしく、再び言葉を交わしたのはTwitter上で偶然再会したときのDMだった。
ノリでとんとん拍子に話が進み、ケーキ屋時代のぼくのバイト終わりに新しくできたばかりのセブンイレブン前で会う約束をした。
そこで何を話したかは全く覚えていないが、高校に入ってKくんには彼女ができたらしく、なおかつその子と別れたということを聞いたのは覚えている。


ねぇ、君が好きだった神聖かまってちゃん、ぼく今でも聴いてるよ。

小学校の卒業式の決意表明で大声で言った「ゲームクリエイターになりたいです」って、あれ君の真似だったんだよ。

あのとき君が「かわいい」って言ってくれたから、ぼくは今でもかわいくあろうと頑張れてるよ。

君がホワイトデーにくれた水色のハンカチ、まだ家にあるよ。

同じクラスの席替えのとき、ぼく机の下でこっそり近くの席になれるおまじないしてたんだよ。

ぼくがずっと男物の靴履いてたのは、新しい靴を買うとき君の靴に似てるやつ探して買ってたからだよ。

小学校の時の一人称が「俺」だったのは、君と一緒にいても噂にならないようにだよ。

小4でソフトボールやめて髪伸ばしはじめたのは、それでもやっぱり女の子として見てもらいたかったからなんだよ。


思い出した今ちゃんと整理しとかないと、またひとつ黒歴史が増えちゃうだけになっちゃいそうだったから。
ぼくより一足先に大学生になる君は、別の子と幸せになってるかな。
ぼくのこと好きだったってこと忘れちゃうくらい好きな人に、君も出会えているといいな。

幸せになれなかったぼくからの。

profile

Twitter上にあげてる画像を見てプロフィールをご覧になった方々は、「えっ、なんやこいつ」となったことでしょう。
撮影のスタンスやプロフィールについて少し触れていく回にしたいと思います。(今さら)
まず、私はADHD躁鬱病を診断されており、障害者手帳3級の権利を所持しております。

学校は偏差値60~70の私立自称進学校だったのですが、2年生に上がってすぐ腎臓の痛みで学校に通えなくなり、あらゆる科をたらい回しにされた結果精神科に落ち着き、入院のために休学措置をとることになり留年しました。
しかし留年したその学年でも持っていた精神疾患が治まるところを知らず、結局8/26に学校のトイレでOD、自殺未遂をしました。
以降学校側からも登校を控えてほしいとお達しがあり、主治医・教師・保護者での話し合いのうちに出た結論が特例でスクーリングなしで課題をこなすことで単位を取得できるようにする方がいいように思うとのことだったので、わたしもそれに甘えさせていただくことにしました。

なので私は2/2で18歳になりますが、来年度も高校3年生もしくは3度目の2年生となります。学生不可のカメラマン様はご依頼があってもよい作品に貢献できないかと思われますのでお断りさせていただきます。

スクーリングがないので、基本日~土どこの曜日でも調整できます。
ただし、あまり早い集合時間だとADHDの特性(注意欠陥)上遅刻や忘れ物が目立つようになってしまうこともあります。遅刻は絶対に許されることではないので意識して早め早めの行動を心がけていますが、忘れ物も多いです。ですので申し訳ありませんが、撮影の小道具等はカメラマンさんのご用意か、スペース移動の際に一緒に場所と持ち物をチェックしていただく形になります。
お手数お掛けしますが、よろしくお願いいたします。
主治医とは突然病状が悪化したり精神状態が不安定になったときはすぐに入院する約束になっているのと、薬を本当にたくさん飲んでいるのでその副作用で動けなかったり体の震えが止まらなくなったりで、ポージングに支障をきたすと判断した場合はやむを得ず中止あるいはリスケで対応させていただく場合がございます。ご了承ください。

厳しい気候条件、無理の大きいポージング、急な予定変更も全然耐えます。いい写真のための犠牲は犠牲と思ってません。
やる気だけはめちゃくちゃあるので、何か撮りたいイメージ浮かんだら是非撮影よろしくお願いいたします。
短期間ですが中1~中3までの間自作でコスプレをしていたので、自分が着るくらいのクオリティなら衣装製作も承ることができます。ですので、オリジナル創作・コスプレの撮影依頼もお待ちしております。(ただし実在キャラのコスプレは作品を見たことがない状態ではお断りさせていただきます。興味があった作品など見れる作品は拝見したあとの実行となりますので2ヶ月以上先のご予約をお願いいたします。詳しい条件などはDMでご確認下さい。

被写体としても人としてもまだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

パキパキ

歴史揺蕩う終末譚
恋に恋するレキソタン
凹んだレクサス飛ばした首都高
ウインク青舌再レース

オランジェット噛み潰し
デパスでパスする滑走路
離陸ホライゾンバランス保てず
飛ぶ空もなくcome down

ベッドで春待つ眠り姫
待てど暮らせどダルメート
子リスが誘うマイスリープで
パクスロマーナの夢を見る

野球撮影選手はアイドル

とくにこだわりではないです。
けど、適当に球場でカメラ構えてパシャパシャやってるかと言われたらそうではなくてちゃんと気を配れる範囲で配っているんですという話。



ナイターの場合絞り解放/シャッタースピード連写時2500or一枚撮り3200/ISO8000でスタートして、暗くなるにつれてISOを上げる。試合中盤までに大抵12000まで上がっていて、席や球場のライティングによっては16800(最大)まで。


1試合に撮る(試合終了まで残る)のは200枚前後、シャッター回数だと500~600くらい。
序盤と交代時にある程度投手を撮る以外あまり守備回はカメラ構えないので、撮っては消し。
この選別は第一段階で、モニターをパッと見た印象で一部分でも使えるか使えないかざらっと決めて取捨選択してる。



基本打席狙い、一塁にスピード型選手や代走がいる場合は贔屓の攻守問わずリードから追っかけて連写。最初は二塁に置きピンして待ちで撮ってたけど、突然フレームインする選手よりも先に来る野手や審判に目移りするため断念。
走っている間何度か半押しできる時間があるので今の方が写りはいい。

帰りの電車でWi-Fiを繋いで、スマホから半分くらいまで絞る。おもにメインの被写体がうまく構図に収まっているか、表情がいわゆる事故ではないか、関節の動きに不自然さがないかチェック(瞬間を狙うとたまに関節消失バグが発生している)。トリミングすれば使えると判断したものは一応保存。


この二次関門もあくまでゆるーく、ざらっと確認。乗車時間の一時間あまりでだいたい終わるのがノルマ。いちいちアップとかは多用せずここも雰囲気で、球場で気づかなかったピンぼけや手前の売り子・観客被り、白飛び黒つぶれを主に見てガサッとふるいにかけます。
要はフィーリングで「微妙」なやつ。



帰宅後、少し時間をおいて視覚の麻痺を取ってから、ギャラリーからデータを見直していいやつだけPhotoshopLightroom(スマホ版)で読み込みます。

ナイターの阪神戦だとだいたいここまでで一旦写真の処理を終えて寝ます。
勢いとやる気と熱意を消失し写真が放置になるのもここからです。


翌日以降、取り込んだ全ての画像で、トリミング・トーンカーブや色合いの補正を行います。
ここではアップ機能をしっかり使い、メインの被写体だけでなく背景の人物、広告の文字、細かいレンズの塵など、礼儀と敬意をもってとにかく細かくチェックします。特に表情はボールボーイ一人に至るまで。



万一写真がどんなに広く出回っても、ひとりも恥ずかしい思いをする人が出ないように。その場で写真に収まっている被写体と被写体以外、全ての人へ最大の敬意と礼儀をもって、入念にチェックしながら、写真に臨場感が出るように手を尽くします。かっこよくならなかったら即削除です。

投げる瞬間、打つ瞬間、決定的な瞬間は往々にして顔面が事故ります。私から見てそう見えなくとも他人、例えば本人がどう感じるかは分からないので、顔はかなり厳しくチェックを入れ、ときに補正します。ただし一番大事な、その瞬間の本物の表情から大きく外れないように気を配ります。


歯の噛み締め、力の入った筋肉、鋭い目付き、肌の質感に至るまで、その場の大事な表情をファインダー越しに滅茶苦茶見てるので。
最終的には1試合に数枚残ればいいほうかな、ゼロの時もありました。
そんな写真についてこうして語ってきて、最後にフォロワーの皆さんに伝えたい真理。

「写真は席」

2020年を新しいドメインで。

ふくらはぎの傷痕 大阪線の遅延
新宿・ディズニーランドゆきの夜行バス
マイノリティ マジョリティ
マイナーリーグメジャーリーグ
小5でやめた草野球
好きな子真似した将来の夢
発送されないお洋服
suicaの残高84円 初乗り運賃 否めない
震える舌 エレベーター
パラノーマル・アクティビティ
マタイによる福音書
創世記 ジュラ期
絶滅しなかった恐竜
結婚できなかった親戚
環状線鶴橋の焼肉食べ放題の歌
桜ノ宮さくらん
無視したLINE 恥ずかしい返信
Twitterのリプ欄 難しい返信
罪と罰 カラマーゾフの兄弟
ドストエフスキーの腐れウォッカ
4号車と5号車の間は通り抜けできませんのでご了承ください
慶應義塾大学 武庫川女子大学
不要なgmail

こっち見んな。