裸婦の目触れろ、白蝮踏め

安酒と薬にどっぷり漬かってラリりながら書いてるオナニー文章です

2019-04-20から1日間の記事一覧

死の季節ゼロヒャク

「死の季節」をひとつ挙げるとして、憶測だが最も多くの人が「冬」と答えるだろう。枯れた木、眠る生き物、何となくブルーで物寂しい季節。 次点で夏。夏というものは存在自体がどこか死の臭いを携えている。花火、蛍、海月の海。有終の美の象徴がそこにはあ…