裸婦の目触れろ、白蝮踏め

安酒と薬にどっぷり漬かってラリりながら書いてるオナニー文章です

2019-08-23から1日間の記事一覧

狂気がレントゲンに写れば

「私、本当は病気じゃないんです」雨が降っていた。 夏だというのに、空は重苦しい灰色で、肌寒さすら感じる昼下がりだった。 午前の診察がやや長引いて終わり、昼食を取ったあとでふと思い立って病棟の図書室を訪れていた私は、そこでパジャマ姿の塚本さん…