裸婦の目触れろ、白蝮踏め

安酒と薬にどっぷり漬かってラリりながら書いてるオナニー文章です

空色のベース

昨日学校帰りに寄った楽器屋
もうすぐ閉めるってセールするらしい
興味もないのに入ってみた

楽器って意外と高いんだなあ
ピックだけでお弁当が買えちゃう
チューナー?メトロノーム?それなんだっけ
音楽の授業で習った気がする

「一見さん?珍しいね」なんて
店主のおじいちゃんが声をかけてきた
慌てて出ていこうとしたけれど
なぜ?なぜ?脚が動かない
弦に鍵盤に フィンガーボードに
見つめられて離されない


「君にはそうだな、これが似合うよ」なんて
勝手にギターを押し付けてきた
いや弦が4本?これはベースか
私が地味って 言いたいのか?

「どっしり構えた重低音で主旋律を支えるのさ
他の楽器が どれだけいても
音を重ねるほどにメロディは薄っぺらくなっていく
ベースがいないとバンドは成り立たない
縁の下の力持ち そういうのに憧れてたんだろう」

「今なら閉店しても
私がたまにそのベースの面倒見てあげるよ
それは私が使っていたものなんだ
新しく楽器を始める君に ぜひ可愛がってもらいたい」


「本体・ケース・ストラップ・ピック・ヘッドフォンアンプ・チューナー・指南本もつけて2万でいいよ」の最終文句で
最強装備のベースを買ったの
財布の中に1万7000円しかなくて
3000円おまけしてもらった

「私が改造してるから私が死ぬまでここに持ってきな
私が死ぬ頃には自分で整備できるようになってる」

「長生きしてね」、って言って
制鞄とベースを担いで帰ってきた
ママには叱られちゃったけど

楽器店以来のご対面
空色がかわいい初ベース
帰宅部、学年席次66位、スポーツ歴なし音楽歴2分
あーあ、余計勉強しなくなっちゃうな