裸婦の目触れろ、白蝮踏め

安酒と薬にどっぷり漬かってラリりながら書いてるオナニー文章です

酩酊レスバトル

お久しぶりです。
めたぼこに長いですお付き合いください。

近頃はようやくコロナウイルスの支配が解け、各地でイベントやスポーツアクティビティが再開されるようになりました。
コロナウイルスの脅威から完全に逃れられたわけではありませんが、ひとまず元の日常が戻ってきたという点においては一安心といったところでしょうか。


さて、皆さんは「喧嘩」をしたことがありますか?
それも、拳でやり合う肉体的な喧嘩ではなく、一方的な陰口で対立するでもなく、真っ向から議論するいわゆる「口喧嘩」というものを。
馬鹿にするな、と思われるかもしれません。ですが、最近になってぼくはふと、ぼくは今までの人生で「口喧嘩」をしたことがないな、と思う出来事が重なりました。

まずは、無断引用で恐縮ですがこちらの記事を読んでください。
https://jp.quora.com/IQ-ga-20-chigau-to-kaiwa-ga-seiritsu-shinai-to-iu-no-ha-jijitsu-nanode-shou-ka-keiken-ha-arima-suka
「IQが30違うと会話が成立しない」という説は、皆様も聞いたことがあると思います。
ぼくはこの記事でいうと著者の方と同じ「高IQ」側の人間です。ぼくの言語理解指標のIQから30をひくと、ちょうど100前後になります。一般的なIQを持つ人間の知能です。

ここからが最近の経験です。
ぼくはお付き合いを始めて半年ほどの彼氏がいるのですが、その彼氏の家に体調不良で行けなくなってしまったことがありました。


ここで、ぼくと彼氏のステータスを確認していこうと思います。

彼氏はぼくの9個上で27歳、ホストクラブの元締めのような立ち位置で、裏方のお仕事をしているようです。みんなでワイワイしている輪の中に入っていくのもとくに苦ではないようですが、ひとりでゲームをしたり少人数で飲んだりする時間の方を優先します。

ぼくはご存知言語理解の高IQと発達障害ADHDを併せ持つギフテッド2Eの18歳。少々物事を素直に捉えられないひねた性格が災いし、子供の頃からひとりぼっちが多い子でした。そのためか周囲に来てくれた人間には基本よくなつき、自分にあきれられないよう大人びた対応を覚えてしまいました。

この日、体調が悪いとだけ言うと「来るか来やんかだけはっきりしてくれる?俺そういうのイラつくんやけど」と早速喧嘩腰。

喧嘩はしたくないのですが、いつまでも自分が上で当たり前と思っていることが許せなくなって少し反論しました。
「見下してるんか知らんけど軽々しく貶されるのも不愉快、そんなこと言われた日に会いたいと思わんわ」
「ぼくが年下で気性も弱いから何も言わない言えないと思って馬鹿にしてる節があるよな前から思ってたけど」


「本当に好きな相手だったら相手の意志こそ尊重する」
「それこそ上下関係で言えば自分が下くらいの気持ちで関わる」
↑は絶対に間違っていないと自信をもって言えるぼくの持論です。

と、「来るかどうかも分からんのに眠い中携帯確認してめっちゃしんどい」。


いや、今その話もうしてない……

それでも相手さまがその話題を引きずりたがるので、ぼくも引き返して足並みを合わせてあげます。

「行けない行きたくない行く気が起きないって言いたくないんだよ察してよ、会いたいことには変わりないの、でも行けないって自分で言ったら会いたくないと同義になる気がして」
「来れそうにない?って聞いてくれたら「うん」で済むけど、体調悪いから今日は行けないとまでは言いたくない」

すると、
「寝てるのにそんなん聞けるわけない」
「テレパシーあるなら使ってるわ」

!?!?!?!?!?
離れた位置から自分の言いたいこと伝えられる、LINEや携帯はほとんどテレパシーみたいなものだと思うのですが!?!?!?

それでも自己正当化で逃げ出そうとする彼氏をぼくがまたひっつかんで姿勢を正させて、今度はしっかり目線を合わせてあげます。

「理解できないだろうけどこれ分かる女の子多いと思うんだ、だからこれから同じようなことあったらそうして?既読つけたついでの反射でいいんだよ、めんどくさいだろうけどそうしてくれたら角も立たないしすごく助かる」

なんでこんな幼稚園児に諭すみたいな言い方を一回り近く歳上の人間にしなきゃいけないんだ、と悲しくなりました。

結局ぼくが悪かったということで折れ、その場はいちおう丸く収まりました。

さて、失礼極まりない発言ですが、ぼくの彼氏はたぶんADHDだと少なくともぼくは思っています。
それも、ぼくのように飛び抜けた数値があるわけでもなく、言語理解指標のIQが憶測ですが85~90台/その他が90~110の、あまり発達面で大きな波がないためにタスクを軒並み努力で解決できる、周囲に気づかれにくい発達障害かと。
「マッサージに行きたい」と毎日のように繰り返しつつ先送りにしているところや、「通勤にキックボードが欲しい、てか買った」と衝動的に高い買い物をするところ、そのくせダイニングの鏡の裏なんかに大金を裸で置きっぱなしにしているところ。
スマホを触っているかと思ったら絶対にパズルのゲームをしているし、(常に何かしていないと落ち着かない?)部屋はすぐ汚くなる。
ぼくは彼と付き合いはじめて2ヶ月ほどでADHDを疑い、心療内科ではなく「精神科」の受診をすすめました。

発達障害の職場への報告義務はないから仕事も隠して続けられるし薬飲みながらでも働ける、手帳発行できたら持ってたほうが法的手続きなんかもスムーズだよ、なんなら他人だから予約とってくることはできないけど次の診察のとき知り合いにこういう人がいるって伝えておこうか?と、遠回しに遠回しに利点だけを伝えたのですが、「大丈夫」の一点張りでいやこっちがだいじょばないんだと。

おまけにどの群指数にも天才的な数値がないために努力でカバーせざるを得ず、それで27年も生きてきた人間はやはり鬱や精神疾患を持っていることは、できないことがあるということは甘えだと思い込んでいました。
別の日に「お仕事的にもこれから先そういう事情を抱えた人間相手にする事多いと思うの、もしくは今関わってる人がこの先そうなるかもしれない、そういう人に対して「頑張れ」とか「気の持ちようだよ」って言うの、本人は100%励ましのつもりでも相手はきっと余計に辛くなるから、別な言葉を選んであげてね」
「特別優しく接する必要はないんだよ、ただ大人だしできないことはできないって相手も言うと思うから、そのときはそういう問題を抱えた人なんだって思い出してあげて」
と諭してなんとか理解はしてもらえたようですが、めんどくさい精神論根性論がこの人の根にあるということに変わりはありません。

まあ、とにもかくにも事態こそ円満に解決したものの、思想や言論の食い違いはものすごく目立つ会話で、本当に分かってくれてるのか……?と心配になるくらい最後まで話は噛み合いませんでした。
トークの返しに困ってLINEで友人にスクショを送って相談したのですが、やはり傍目から見ても「話噛み合ってなくね?」という感想が真っ先に返ってきました。
ぼくと彼(その友人)とが会話していても時折話が脱線して噛み合わずぼくが正しいレールに導くというケースはありましたが、ここまで話題そのものが一致しない会話相手はなかなかいません。

ただ、ぼくの育ちの過程でも全くもって同じ方向を向いて同じ目的に向かって最短距離で会話できる人間の少ないこと。

これはぼくが完全に悪いのですが、会話の中に出現するわかりづらい専門用語なんかを噛み砕いて説明しているうち、その用語の説明そのものが目的になってしまってなんの話していたか分からなくなる、なんてこともしばしばあります。(言語を扱うのは凄く上手なのにワーキングメモリが少な過ぎて会話の話題を覚えたまま付属の説明を行うことができない)

このように、各々のIQの差が大きいと(とくに片方の言語理解IQだけが異常に高いと)全く話の通じないバケモンが生まれます。
そんな相手と喧嘩をしたところで、有益な時間になるはずがないのです。打ち負かされてその相手を嫌いになるか、丸く優しく抑え込まれて納得させられるか。あるいは、意味不明な単語の羅列を食らって訳のわからないまま終わり、閉廷!となるか。

ぼくはどうか分かりませんが言語理解がギフテッド級に高い人間は、嘘や詭弁がめちゃくちゃ上手にできています。顔色ひとつ変えず、もしくは場面に最も合った表情を作り出して、あたかも正論を述べるかのように嘘をつきます。誰が相手でも臆することなく騙してしまいます。
その技術がうまく生かされたのが街頭の包丁やミキサーの実演販売、セールス、音声チャットレディをはじめとした接客業全般といえるでしょうが、彼らの仕事ぶりはほとんどが経験で培われた基盤ありきのものなので、一発目で「さあ、やってみろ」と言われて見よう見まねでもそれなりにやれてしまうギフテッド組は、努力値組には物凄く嫌われています。

だから喧嘩を売りたくもなるのかもしれませんが、喧嘩はきちんと相手を選んでやらないと、後悔することになるかもしれませんよ。